2009年8月30日

 ♡初心者クラスのレッスン



♥スペシャル・タルト・オー・バナーヌのレッスンをいたしました。パート・シュクレを作り、タルト型に敷き込み、フランジパンクリームを流し、熟れた食べごろのバナナを並べてBaking♥♥生徒さんのご希望で、味のアクセントにカカオニブも入れています。このフランジパンクリームは、フランスのアンリ二世妃カトリーヌ・ド・メディシス(1519−89)のお菓子として有名な洋梨のタルトのクリームです。カトリーヌは、フィレンツェの大富豪メディチ家の大ロレンツォのたった一人の孫娘で、フランスのアンリ二世のもとにお輿入れをし、それとともに、ルネッサンス文化に輝いていたフィレンツェの豊かでおいしい料理やお菓子、銀のナイフやフォークを使う優雅なマナーも伝えました。この美しいマナーが伝えられたために、それまで、男性だけに限られていた宴席に、この時から、女性も出席できるようになったということです。そのようなカトリーヌの宴席や、また日常でも口にされていたであろうと思われる洋梨のタルトですが、今回は、そのような歴史のあるお菓子の一部を頂戴し、熱帯のフルーツを焼き込んでみました。生徒さん、今回も頑張りましたね♡手際よく、とっても真剣に、楽しく作られていました。仕上げの粉砂糖の振り方がほんとによくて◎写真(うまく撮れませんでした。実物はもっと美味しそうに焼けたのですけど⁂トホッ☆☆)では、わかりにくいのですが、中心薄く、外側濃いめに、美しくおいしそうに♥仕上げておられました。上出来です♡9月も頑張りましょう。次回は、9月5日土曜日10:00~13:00の予定です。我が家の栗が収穫できたらそれを使ってモンブランをつくります。これで作るモンブランは、絶品です。収穫できない場合は別のものを。参加を希望される方はどうぞ、メールでお問い合わせくださいませ。

ブログ村に参加しています。よろしければ、クリックをお願いいたします。       

0 件のコメント: