2010年3月21日

親子で楽しむ  春休みパン教室


春休みに入ったばかりの20日(土曜日)、にぎやかに親子など、計12名のグループの方々が、パン作りを楽しまれました。

皆さん、とても楽しみに待ってくださっていたのだそうです。

今回は、主に、ダウン症の子どもたちとその兄弟姉妹、従兄弟、(新中学生〜高校生)お母さんたちのグループでした。

なかなか、普通の子たちに混じって活動するということは、受け入れ態勢がよろしくないため、参加するのが難しく、こういった機会は、貴重なのだそうです。

普通に元気な子供たちに教えるのとは、勝手が違うので、事前にいろいろお聞きして、その子たちが楽しみながらでき、あまり無理がないように、内容を計画しました。



朝、パンの生地2種類を作って下準備を。

1.4kgの大量の粉を使い、ハムロール、ソーセージロール、ブロッコリーとコーンとチーズ、3種類のパンが、ふんわりやわらかく、しっとり、外側は、少しカリッとして香ばしく、大量に出来上がりました。 

60個くらい焼けたのですが、みんな楽しそうに仕上げていき、最後の後片ずけまで、やり遂げました! 

お家で、というと、甘えが出てしまって、最後の後片ずけ、ということが,難しいとのことでしたが、この度は、最後まで、きちんと果たすことが出来たのだそうです。(普通の子もそうですが、、、みんなで楽しく出来たこんなときはだいたいできるものです!)
そうしたことも、お母さん方にとっては嬉しかったようです。

            

いちごのデザートも作っていただきました。

いちごをオレンジ果汁とさとうでマリネし、ホィップクリームでデコレーションする、 
*いちごのロマノフ風*  というロシアの宮廷発祥の、とても簡単でおいしいデザートがあるのですが、それをアルコールなしの子供用にアレンジして。

これもとても喜ばれました。

子供たち,お母さんたち双方が楽しんでくださっていて、ほんとうによかったです。





ご訪問ありがとうございます❤
  ↓
にほんブログ村 スイーツブログへ
にほんブログ村

0 件のコメント: