2014年6月6日

クリームは、フランスの宮廷のお菓子から...




今週は、タルト・オー・バナーヌ・ショコラ(バナナとチョコレートのタルト)のレッスンです。

熟したバナナとヴァローナ社のダークチョコ、ダークラムのスペシャルな組み合わせのタルトを焼いています。

タルトケースは、ざくざく、さくさくという歯触りがよい感じになるように仕上げ、

ケースの中は、フランス宮廷のクラシックなタルトのフランジパンクリームを詰めており、ほんとうに美味しいタルトです。

フランジパンクリームは、醗酵バター、卵黄、全卵、アーモンドプードル、牛乳などで作っています。

水分が多いので、やや時間がかかりますが、しっかりと香ばしく焼き上げます。

焼き上がってくると、バター、ラム酒、バナナなどのいい香りが、教室中にひろがります。

焼きたても美味しいですが、日が経つとまたさらに濃厚な味わいになって、暑い時期は冷やして食べると、とっても美味♡








ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 スイーツブログ お菓子教室へ
にほんブログ村 

0 件のコメント: