2018年6月9日

Lesson**バタフライケーキとパンナコッタ

本日もご訪問いただきありがとうございます。

今日も、あつ〜い夏のような一日でした💧






今月は、イギリスのお菓子バタフライケーキと、しばらく前、日本でもヒットしたイタリアのパンナコッタもLesson Menuです。

蝶がケーキのトップに止まっているように仕上げるこのお菓子、カップケーキの中には、ラズベリージャムとバニラの香りのバタークリームが絞ってあります。




甘酸っぱいラズベリーとイギリス独特の簡単に作れるバニラの香りのバタークリームが、土台のカップケーキによく合っていて、お茶の時間にはもってこいのお菓子。

このバタークリームは、バターに粉砂糖を加え、牛乳を加えて硬さを調整するだけ、という簡単なもので、面倒なことが何もなくさっと作れるのが魅力。

イギリスの家庭でよく作られるのもうなずけます。





試食は、せっかくの英国菓子も焼いたので、3段のケーキスタンドを久しぶりに引っ張り出して、できたてのケーキをのせて。

しばらくぶりに出したら、シルバーのメッキ部分が変色してましたが(^_^;)

次回までには磨いておかないと!



もう一つのパンナコッタは、煮たクリームという意味のゼラチンで固めたお菓子。
やはり、暑い日にはこんなお菓子がとても心地よく美味しく感じますね(╹◡╹)






今月は、我が家のラズベリーが赤く色づき、少しづつ収穫できるようになったので、摘みたてのものを砂糖でさっとにてソースにしました。


ブランデーも少し入っていて、少し多めに入れれば味わいがまた変わり、大人味のデザー
トになります。

色々とアレンジ可能です。





**** お菓子6月Lesson Menu ***

・リンツァートルテ  難易度** ¥6,000 16cm3H 
IMG_2700.JPG.jpg
オーストリア・リンツ発祥の銘菓で、タルトの古典といわれるお菓子。フィリングは、ジャムだけというこの素朴なお菓子は、長い間作り継がれてきた味わい深い美味しさがあります。
アーモンドをふんだんに使ったクッキーとバターケーキの中間の生地と、甘酸っぱい手作りのラズベリージャムのハーモニーが素晴らしい焼き菓子。



・チーズクリームケーキ * ¥6,00016cm3H 
fullsizeoutput_781.jpeg

タルトケースの中に、上品な美味しさのチーズクリームを詰めてデコレーションをします。これからの季節に喜ばれる爽やかなケーキ。
お一人1台作成しホールでお持ち帰りができます。



・バタフライケーキ&パンナコッタ・ラズベリーソース 難易度* ¥6,0003H








イギリスのお菓子で、カップケーキの上に蝶々が止まっている可愛いデザインのケーキとイタリア生まれの「煮たクリーム」という意味のパンナコッタを作ります。どちらも手軽に作れて、それぞれの国の人々によく食されているお菓子。



・ラズベリーチーズカップ * ¥6,000  2H)
カップに冷製チーズクリームとラズベリーコンポートを流し入れて、ホイップ・ド・クリームとラズベリーでデコレーションした手軽に作れる洒落たデザート。
親子・家族レッスンにもにオススメ! 
親子・家族2人1組でのプライベートLesson ¥8,300

こちらをご一読になり、ご予約ください。




本日もご訪問ありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント: